FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#98:堕天使(その17)

#98






「…恋人だった…って?」


苦々しい顔で川原のことを思い出しているだろうまひるに、敢えてそう問い掛けた。


まひるの記憶がどこまで思い出せているのか…それを確かめたかった。




「…彼、私の友達と婚約したのよ…」




まひるは俺の問い掛けに暫く黙り込んでいたが、キュッと唇を噛み締めた後、意を決したように口を開いた。


そう呟いたまひるの憂いの込められた表情に、俺の胸にもチクリと痛みが走ったのだった。


しかし、そんなまひるの顔を見ても、俺の気持ちは止められなかった。


何かが俺を急かすように、まひるの記憶を更に辿らせようとする。




「…それから?…まひるはどうしたの?」




「…それから…?」




俺の言葉に誘導され、まひるは硬く目を瞑った…


瞑った目は更に硬く閉じられ、甦らない記憶の断片に、まひるは再び苦々しい表情を浮かべる。




「それから?…それから、傷付いたアンタはどうしたんだよ!何処に行ったんだよ!」




まひるの記憶が甦らないことに苛立った俺は、思わず責めるように、まひるに捲し立てていた。


俺の言葉に一瞬、肩を竦めたまひるだったが、俺の言葉を声にしないまま繰り返し、俯いていた顔を徐々に俺の方へと向ける…




「…ねぇ…あなた…私を知ってるって言ったけど…いったい、何を知ってるの?」




顔を上げ、俺を見据えたまひるの目は、さっきまでの怯えた目ではなかった。


怪訝な顔で俺を睨みつけ、疑心を露わにしている。




「まひる…」




「こんな状況だったから、あなたに助けて貰ったんだと思っていたけど…あなた、何を見たの?…私に…何があったの?」




怪訝そうなまひるの顔が、時折、不安の波に襲われたように表情を変えた。


記憶の断片を失ったまひるの不安が募っていくのが、俺にまで伝わった。




「今のアンタに本当のことを話しても、俺の言うことなんか信じれないと思うよ…」




俺はまひるを苦しめようなんて思ってなかった…


俺のことをすっかり忘れてしまったようなまひるに、ただ、思い出して貰いたかっただけだ。


その俺の焦りが、今、まひるを苦しめている。


俺の発した言葉に、まひるは項垂れてしまった。


項垂れたまま、視線は床へと落とされ、まひるはそれきり黙りこくってしまった。


そして、その時から何も喋らない、表情を持たない人形なまひるに変わってしまった。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

非公開コメント

プロフィール

Ryo

Author:Ryo
大人の恋愛小説を書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。