FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
[PR]

[PR]

開いて・・・

開いて…





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







#101:堕天使(その20)

#101






「もう…何なの、途中で止めるなんて…あなたらしくないじゃない?」




俺の身体から不意に離された留衣子の身体は、バランスを失い壁にもたれ掛かる格好になった。


もう、既にその気だった留衣子は、そう吐き捨てながら俺を睨みつける。




「悪い…留衣子」




俺はバツが悪そうな声をあげて、留衣子から目を逸らした。




「…桜木…部長…?」




その時…


俺が目を逸らした先に、呆然と立ち尽くすまひるの姿があった。


まひるの声に驚いた留衣子は、露わになった白い肌を隠すように、はだけたシャツを慌てて戻そうとしている。


留衣子の行動に、呆然としていたまひるも、思わず顔を俯かせた。




「…この人…桜木部長の…恋人…ですか?」




まひるは顔を俯かせたまま、小さな声で問い掛けてくる。


その声に留衣子は「まぁ…ね」と曖昧な返事を返した。




「そうだったんですね。どうりで、私に覚えがなかったから…」




「…覚えて…ないの?この人のこと…」




「えぇ…前にどこかでお会いしましたっけ…?」




「えぇ、そう。でも、あの時は…あなた、とっても酔っ払ってたから…」




まひるの様子がおかしいことを察知した留衣子は、素早くまひるの言葉に会話を合わせた。


そんな留衣子の言葉を聞いて、人形のように表情のなかったまひるが、納得し安心する様が窺えた。




「ごめんなさい…お邪魔…してしまって…」




まひるはそう言うと、そそくさと部屋の中へと姿を消した。


廊下に残された俺と留衣子の間に微妙な空気が流れていた…




「何だか…彼女、庄野さん…別人みたいね。表情のないお人形さんみたいで…怖かったわ」




留衣子は俺の身体に隠れるように、声を潜めて呟いた。


俺の目の前に差し出された腕には鳥肌が立っている。




「本当に彼女…あなたのこと、覚えていないみたいね。そんな子、面倒見れるの?サトシ…」




留衣子が心配そうな顔をしながら、俺の顔を覗き込んだ。


留衣子の表情が酷く心配しているように見えて、俺は返事に思わず躊躇してしまう…




「断ろうかと思ってたけど…やっぱり決めたわ」




俺が戸惑っていることに気付いてか、留衣子は思い出したかのように声をあげた。


その留衣子の決断に、俺の心臓がドクンと音をたてる。


留衣子から放たれる言葉が、俺の運命を決めてしまうような気がして、俺はゴクリと喉を鳴らして身構えた。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





余韻


余韻




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







#100:堕天使(その19)

#100






「口ではそう言っても…身体は正直ね。もう、こんなになっちゃって」




留衣子は俺の昂っていきり勃ったモノを、窮屈そうなズボンから徐ろに取り出す。


心とは裏腹に、触れられるだけでビクッと脈打つモノを曝け出されて、俺は目を閉じたくなるほど恥ずかしくなった。




「ねぇ、サトシ…どうして欲しいの?」




俺の身体を知り尽くした留衣子は、硬くなった俺のモノに舌先をほんの少し這わせながら、意地悪そうに呟く。


留衣子の焦らし方は相変わらずだったが、俺の身体も変わらず反応してしまう。




「うっ…」




もう待ちきれなくなったのか、俺が答えを探す前に、留衣子の舌はねっとりと俺のモノを舐め上げ、生温かい口の中へと誘っていく。


俺はまだ、僅かに残された羞恥心を掻き集めながら、留衣子の頭を掴んで抵抗を試みた。


しかし、その抵抗は逆に、留衣子に火を点けてしまったようだった…


俺の抵抗と同時に、留衣子の中でスイッチが入ったかのように、口に含んだ俺のモノを激しく揺さぶり出した。




「…留衣…子、やめろ…って」




そう言葉を発した時には、もう既に俺のほとばしる熱い精は、留衣子の口の中で放たれた後だった。


留衣子が、果てた俺のモノを口から離し、掴んでいた俺の手を自分の手に重ね、喉元へと導くと、ゴクリと音をたててそれを飲み干したのだった。




「ほら…今度はサトシの番よ」




俺の精を飲み干した留衣子は、嬉々とした顔で立ち上がると、重ねていた俺の手を引っ張り、自分の下半身に触れさせた。




「あなたが嫌がったりするから…もう、こんなになっちゃったじゃない。ちゃんと、綺麗にしてね、サトシ…」




留衣子に引っ張られた俺の指先に、下着の上からでも分かるくらい、しっとりと濡れた愛液が触れた。


既に興奮している留衣子の身体は、その指の動きにも敏感になっているようで、身体を震わすと俺の胸にしなだれかかってきた。




「…ねぇ…サトシ。久し振りに、あの部屋に行きましょ…」




「え…?」




「私達の秘密の部屋よ…」



留衣子の甘い声がして、熱い吐息が俺の胸にかかる…


しかし、その部屋に行くには、まひるがいる。


俺とのことをすっかり忘れてしまった、出逢う前のまひるがいた。


こんな淫らな俺を、今のまひるには見せたくなかった。


俺は留衣子のしなだれかかった身体を、ゆっくりと俺の胸から離したのだった。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






感じる…

感じる・・・




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






濡れる華

濡れる華





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




#99:堕天使(その18)

#99






その日の午後…


突然、マンションに留衣子が訪れた。


上條からの報告を受けたにも関わらず、すぐにやって来なかったのは、俺のこともまひるのことも見限ったからだと思っていた。




「サトシ!いったい、どういうこと?あなたがあの子の面倒をみるなんて…私が海外出張に行ってる間に、何勝手なことやってるのよ!」




マンションのドアを開けた途端、明らかに苛立った留衣子が声を張り上げて俺に詰め寄ってきた。


留衣子から漂ってくる嗅ぎなれた香水が、やけに俺にまとわりついてきてうんざりさせる。




「サトシ…あなたも上條みたいになりたいの?」




留衣子はしっかりとアイラインの引かれた目を、更に際立たせるかのように俺を睨みつけてそう言った。


上條のようになるということは、留衣子にとって「負け犬」になることを指している。


自分を裏切った人間は、とことんまで手放さず、飼い殺す。


その後、そうなった者がどうなったかなど、俺にも知る由はなかった。


黙っている俺の唇に、留衣子の指がゆっくりと触れる。




「サトシは、もっと賢いと思ってたんだけど…違うの?」




そう言いながら、留衣子のもう一方の手が、俺の腰を滑りお尻の方へと伸びていった。




「…留衣子…やめてくれよ…隣の部屋にまひるが…」




俺のつぶやきを飲み込むように、俺の唇は留衣子の唇に塞がれた。


厚めに塗られた口紅を俺の唇に擦りつけるように、唇を押し当ててくる留衣子を俺は拒もうとする。


しかし、拒むよりも先に、留衣子の手のひらが俺の下半身に刺激を与えきて、俺の思考を一瞬、止めたのだった。


その瞬間を見極めたのか、留衣子の唇から差し出された舌が、俺の唇を激しくなぞり、歯列を割って口内へと入ってくる。


舌を絡められ、吸い付いてくる留衣子の唇は、俺に息つく暇も与えてくれなかった。




「ほら…やっぱり、あなたは賢い人だわ。ねぇ…サトシ…」




服の上から摩っていた留衣子の手のひらは、いつの間にか俺の硬くなったモノに直接触れた。


留衣子の慣れた指先で、先端を捏ねくり回され、ねっとりと濡れていくのが分かった。




「…留衣…子、やめてくれって…」




俺は隣の部屋にいるまひるに聞こえないように、喘ぎ声に変わりそうな声を必死で抑えながら呟く。


しかし、俺の身体を知り尽くしている留衣子には、俺の呟きなど聞き入れる余地などなく、俺のモノを昂らせる悦びに耽っていたのだった。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






開放

開放





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







プロフィール

Ryo

Author:Ryo
大人の恋愛小説を書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。