FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#95:堕天使(その14)

#95






その日から、俺はまひるの体を何度も何度も抱いた。


欲情にかられたまひるの体が悲鳴をあげるまで、俺は自分の精をまひるの蜜壷の中に放ち続けた。


まひるの白い肌に紅い痕がどれだけついただろう…


いつしか紅い痕は赤茶けた痣になり、またその痣に上書きするように新しい痕がつけられていった。




「…もっとぉ…もっと…突いて!」




あられもない声を張り上げていたまひるの声も、俺に何度も抱かれることによって、次第に掠れていった。


体を揺さぶられながら、まひるは声にならない呻き声で啼いた…




そして、まひるを抱き始めて三日が経った頃…


まひるの様子が少しずつ変わっていった。


それまで、俺の愛撫を待ちきれず、自ら俺のモノにむしゃぶりついてきた唇が、戸惑いを隠せなくなっていた。




「…い…や…」




恥ずかしい言葉を並べ立て、俺に激しくセックスを催促していた唇からは、以前のようなまひるの恥じらう言葉が漏れ始めた…




「…まひる、おいで…」




そう言って抱き寄せる俺の腕の中で、まひるの体が微かに強ばっていくのが感じられる。


上條が言っていたように、まひるの体に溜まっていた薬の効果が薄れてきたのか…


欲情にまみれたまひるの姿が、まだそうなる前のまひるの姿と重なった。




「まひる…」




俺の囁く声に、まひるの体が何かを思い出すようにピクリと反応する。


俺は思わず、少し強ばった体のまひるをギュッと抱きしめた。


もう少し…


もう少しだ…


見えなかった暗闇に、一筋の光が差し込まれて、俺の胸に言いようのない高揚感が溢れて来る。


俺はこの日が最後であるようにと願いながら、知り尽くしたまひるの体を抱いた。


自分の体に…思考に違和感を抱いたまひるの反応が、何時になく俺をそそった。


その日、二度目の精を放った時、まひるは絶頂に達し意識を失った。


俺の願いがまひるに届いたのかは分からない…


目覚めたまひるは金切り声をあげながら、自分を取り戻す為の葛藤を繰り広げた。


それは、俺をも近づけさせない壮絶なもので、見えない何かに怯えるまひるがいた。


これが薬の副作用なのか…


羽海野が言っていた病んだ心の叫びなのか…


俺にも分からなかったが、数日間、続いた葛藤で、確かにまひるは自分を取り戻した。


それは、喜ぶべきことではあったが、俺にとっては辛い現実でもあった。







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村













スポンサーサイト
[PR]

[PR]

呑み込まれる



呑み込まれる





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

#94:堕天使(その13)

#94






俺は逸る気持ちを押さえながら、羽海野の電話番号をアドレス帳から拾い上げ、震える手で発信ボタンを押した。




「おかけになった電話番号は電波の届かないところにあるか、電源が入っていない為…」




スピーカーの向こうからは、音声案内のメッセージが流れ出し、俺は最後まで案内を聞くことなく電話を切った。


嫌な予感は俺の中で更に濃厚となり、再び羽海野へ着信しようとする。




「…もう、いないんじゃねぇの?姫を怒らせちゃったとか…?」




上條は冗談のように呟いたが、俺の耳には冗談のようには聞こえてこなかった。


留衣子の表の姿は、まひるを含め女性社員が憧れるキャリアウーマン…


しかし、何でも欲しいものは手に入れてきた留衣子の裏の顔を知っている俺には、羽海野を消すことなど赤子の手を捻るようなものかも知れない。


俺は床に落ちたまひるの衣類を拾い上げると、自慰行為に耽るまひるの元へと足を速めた。




「おい!サトシ…お前、何やって…」




俺の行動に慌てた上條は、制止させようと俺の肩に手を掛けた。


肩に乗せられた上條の手を振り払うと、まひるの行為を止めさせ、裸のまひるに服を掛けた。




「…留衣子には…まひるは渡しません。俺が…まひるを元のまひるに戻します」




「お前、正気なの?留衣子に逆らって、タダで済むと思ってる?…まさか、お前」




上條の顔が何時になく真剣な顔つきに変わった。


多分、自分の過去と俺の姿を重ねて見ていたのかも知れない…




「…この女に…本気なのか?」




上條の言葉に、まひるの服を着替えさせていた俺の手が、一瞬止まった。


本気…そう上條に問いかけられて、俺はすぐに返事をすることは出来なかった。


ただ、目の前にいるまひるを、このままにはしておけなかった。


堕ちた天使を、俺の手でどうにか救いたいと思った…


これ以上、壊したくない。まひるを誰にも触れさせたくない…




「留衣子には渡さない…それだけです」




自分の中に溢れて来る想いを、もう一度確認しながら、俺はその言葉だけを上條に伝える。




「お前がそう決めたんなら、最後まで付き合ってやれよ。その薬はな…男の精液にしか中和されないらしいからな…」




上條は呟くようにそう言い残して、秘密の部屋を後にした。




「ねぇ…ちょうだい…もう…おかしくなりそうなの…」




シンと静まり返った部屋に、まひるの声だけが響く…


俺はまひるの体を抱きしめると、濡れた蜜壷に手を伸ばしたのだった。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








虜 Ryo




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






#93:堕天使(その12)

#93






「どうして…上條さんがここに…?」




俺は半信半疑のまま、口元の緩ませ、妖しく目を輝かせる上條に言葉を掛けた。




「幽霊なんかじゃないぜ。あんな目に遭っても、ちゃんと生きてる」




殴られた時のことを根に持っているのだろう…


上條は含み笑いを見せながら俺の方へと近づいて来た。


そして、一定の距離を保ちながら、俺の頬に濡れて冷たくなった指先を当てる。




「な?ちゃんと生きてるだろ?」




上條の威圧するような目に、たじろぐ俺を見透かしているのか、上條の声がさっきより大きくなった気がした。




「…何しに…来たんですか?まひるに…あんな格好させて…」




俺は上條の勢いに呑まれないように、睨みを利かせてそう告げたが、目の前の上條には何の牽制にもならなかった。




「…リハビリだよ。お前に殴られた後から、右手の痺れが取れなくてさ…オンナも悦ばせられないんじゃ、シャレになんないだろ?」




「だからって…まひるにこんなことしなくても」




「何言ってんの。俺の顔見てしてくれって、すがるような目して言ってきたのは、あの女の方だぜ。ちょっとの間に何があったかは知らないが、淫乱女に成り下がったな」




上條は、椅子の背に凭れて自慰行為に耽り、喘ぎ声を漏らすまひるを見て、笑い声をあげた。




「ほら、途中で止めたから、寂しがってるだろ?留衣子のとこに行く前に、一発やらせろって…」




上條はニヤケ顔でそう言うと、俺の肩をポンポンと叩いた。


俺はその手をすかさず掴むと、渾身の力を込めて上條の腕を捻りあげる。


グツッと関節の鳴る不気味な音が聞こえて、上條のニヤケ顔が一瞬で苦痛の表情へと変わっていった。




「おい!サトシ…マジになるなよ、…冗談に決まってんだろ」




「…留衣子のとこに行く前に…ってどういう事ですか?上條さん!」




上條の発した言葉が妙に引っ掛かった俺は、捻り上げた上條の腕に更に力を込めた。




「…留衣子姫にさ、連れてくるように言われたんだよ。いい医者が見つかったからって」




「いい…医者?…じゃ、羽海野さんは?」




腕の痛みで観念したように、ここへやって来た理由を吐き出した上條に、俺は更に質問を重ねた。


しかし、上條はそれ以上は何も答えなかった。


嫌な予感が頭を掠めて、俺は慌ててポケットの中から空いた手で携帯電話を拾い上げる。


昨日、登録したばかりの羽海野の携帯番号をアドレス帳から探し出すと、すかさず発信ボタンを押したのだった。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





もっと

もっと Ryo




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




貫いて




貫いて Ryo





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





愛欲



愛欲 Ryo




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




#92:堕天使(その11)

#92






俺の耳に甘い吐息が微かに聞こえてくる。


さっきの夢とは少し違う、リアルな音が俺の耳を刺激していた。


聞こえてくる吐息は艶かしく響き、俺の閉じていた目を醒まさせた。




「まひる…?」




まだ、夢の続きを見ているような気分で、俺は思わずまひるの名前を呟いた。


映し出される天井から視界を落とし、隣で眠っている筈のまひるの姿を確認する。


甘い吐息が聞こえた筈なのに、俺の隣にはまひるの姿はなく、真っ白のシーツが少し乱れている。


まだ、微かにぬくもりの残るベッドは、ほんのさっきまでまひるが傍にいたことを物語っていた。


ベッドから起き上がって周囲を見回すが、まひるの姿はやはりなかった。


しかし、どこからか微かに声がしていて、俺の首を傾げさせた。




「あぁぁん…」




静かな部屋に今度は、さっきまでの甘い吐息とは違う喘ぎ声が聞こえてきて、俺はその声に導かれるようにベッドから離れた。


聞こえてくるのは、どうも俺が留衣子に調教を受けていた秘密の部屋からだった。


俺は自分の気配を消しながら、息を潜めて秘密の部屋のドアの前に立つ。


ドアのほんの僅かな隙間から、やはり声が漏れてきていて、俺の鼓動は早鐘を打ち始める。


昨日の羽海野が打った注射は効かなかったのか…?


目覚めたまひるは、この秘密の部屋を見つけて、自慰行為に耽っているのだろうか?


俺は、掴んだドアノブをゆっくりと開けて、薄暗い部屋の中を覗き込んだ。


部屋の中央に置かれた木の椅子に、全裸になったまひるの姿があった。


背中を椅子の背もたれに預けて、首を反らして喘ぐまひるがいた。


まひるの白い肌だけが、薄暗い部屋の中でぼんやりと浮き上がり、淫らな空間を作り上げている。




「ねえ…もっと…ちょうだい…もっと…もっとぉ…」




まひるの大きくなる喘ぎ声に、やはり1回の注射だけでは効き目はなかったのかと、落胆の溜め息が落ちる。


秘密の部屋の入口に脱ぎ散らかされたまひるの衣類を拾い集めて、俺はまひるをどう鎮めようかと考えながら、悦びの声をあげるまひるへと近づいていった。




「本当にアンタ、淫乱だなぁ…こんなにヨダレ、垂らしまくってさ…あの時よりそそるよ」




まひるだけしかいないと思っていたこの部屋に、誰かがいた。


それが分かった瞬間、俺の心臓はギュッと締め付けられたように息苦しくなり、果ててしまいそうな感覚を覚えた。




「お前だけで独り占めって、ずるいんじゃね?なぁ…サトシ」




聞き覚えのあるその声に、俺の体に戦慄が走る…


その声は紛れもなく、以前この部屋で、俺自身が分厚いガラスの灰皿を頭に打ち付けて意識を失わせた上條の声だった。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





#91:堕天使(その10)

#91






まひるの濡れそぼった蜜壷は、俺の2本の指をすんなりと受け入れた。


指を挿し込むと、生温かい愛液と柔らかい肉襞が俺の指にまとわりついて離れようとしなかった。


俺はその感触を味わいながら、2本の指を肉襞に添わせ、上下にゆっくりと動かしていく。


まひるの腰が再びビクンと震え、身を捩った。


俺は閉じようとするまひるの体を開かせると、徐々に指を動かす速度を早めていった。


動かすたびにまひるの蜜壷からジュブジュブと愛液が溢れる音が響いて、その音にまひるの喘ぎ声が重なる…




「…もっと…もっと、……して」




喘ぎ声の合間に小さな声で呟くまひるの声に、俺は昂っていく感情を抑えきれず、意地悪な返事をする。




「何?…聞こえないよ。どうして欲しいの?」




俺の言葉に俯いて頬を染めていたまひるは、「だから…」と呟きながら俺を見た。


懇願するようなまひるの目が、俺の胸の中をくすぐり、愛しさに拍車をかける。




「だから…何?ちゃんと言わなきゃ…」




俺はそう呟くと、まひるの蜜壷の中をわざと音をたてて掻き回した。


まひるの体はその動きに反応するかのように、ビクビクと痙攣を繰り返した。




「もっと…奥を…」




「…もっと奥を…?どうして欲しい?」




「……グチャグチャに…して!」




懇願の目は言葉になり、まひるの秘めた淫らさを解放させたようだった。


言葉を発したまひるは、とても綺麗に俺の目に映った。


俺の手によってまひるを解放させたような優越感が湧き上がってきて、俺はもっとまひるを快楽の世界へと導きたくなった。


やわやわと締め付けてくる肉襞にザラリとした感触を見つけた俺は、集中的にそこを攻める。


数秒も経たないうちにまひるの体に力が入り、絶頂を迎えようとするのが窺えた。




「愛してるよ…」




その言葉がまひるに届いたかは分からないが、いきり勃った俺のモノがまひるの中に繋がれた瞬間、まひるの体が大きく仰け反り、激しく波打った。




「ああぁぁぁ――っ……」




まひるの絶頂を迎えた声が響き渡ったが、その声は俺が果てるまでの間、ずっと繰り返された。


いつの間にかまひるの声が掠れ、涙声に変わった時、精を放った俺は意識を失くした。




夢が…終わったのか…?


俺は夢の中でのまひるとの交わりに幸福感を抱きながら、ゆっくりと目を醒ます。


そして、一瞬にしてその幸福感が崩れ去る光景を、この目で見てしまったのだった。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





プロフィール

Ryo

Author:Ryo
大人の恋愛小説を書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。