FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#90:堕天使(その9)

#90






俺は静かな寝息をたてるまひるの隣で眠りに堕ちた。


あどけないまひるの寝顔を見たせいだろうか…


俺はぼんやりとする意識の中で、夢を見ていた――




「サトシ…」




俺の名前を囁いているのは、まひるだった。


その柔らかい声は俺の耳元をじんわりと包み込み、熱い吐息をかけてきた。


熱い吐息は俺の背中をゾクリとさせ、体を震わす。


敏感になった俺の肌に、まひるは容赦なく生温かい舌を這わせてきた。




「まひる…」




思わず俺はまひるの名前を呟くと、その柔らかい肌をしっかりと抱きとめる。


俺の腕に抱きとめられたまひるは、天使のような笑みを浮かべていた。


その天使のようなまひるの笑みに吸い寄せられた俺は、夢中になってまひるの肌に唇を落としていった。


いつの間にか、まひるの白い肌に、俺の落とした幾つもの痕が紅く残されていく…




「あ…ん…」




まひるの掠れた喘ぎ声が俺の耳に届いた時、俺は異常なまでに興奮している自分に気付いた。


昂る自分を抑えきれず、まひるのピンク色に染まった胸の膨らみを両の手で激しく揉みしだいていった。


俺の手の動きに合わせるように、まひるの喘ぎ声がだんだんと大きな声に変わっていく。


その声を塞ぐように、俺はまひるの唇に自分の唇を重ねると、微かに開いた隙間から舌を挿し込んだ。


俺の舌が挿し込まれた瞬間、まるでそれを待っていたかのように、まひるの生温かい舌が絡みついてきて、クチャクチャといやらしい音をたてる。


その音に反応するかのように、まひるの下半身がピクリと動き出したのだった。


まひるの体に覆い被さった俺は、閉じられた下半身を膝を使ってゆっくりとこじ開けていく。


太腿に俺の膝が割り込んだ時、まひるの蜜壷から溢れてきた愛液が、俺の肌を湿らせていった。


俺はすかさず、その濡れそぼった下半身に手を伸ばすと、茂みに隠れた蕾を指先で探し当てた。




「あんっ!」




俺の指が触れた途端、まひるの腰がビクンと震える。


その反応が艶かしくて、俺はまひるの蕾に指の腹を押し当て、夢中になって捏ねくり回した。




「…やっ…だ、ダメ…そんなに…しちゃ…」




息のあがったまひるの声が、更に俺の昂ぶりを刺激してくる。


俺はまひるの喘ぐ姿を見つめながら、愛液が滴る蜜壷に一気に2本の指を挿し込んだのだった。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

#89:堕天使(その8)

#89






まひるの眠った姿を確認すると、羽海野は注射器をバッグに仕舞って帰り支度を始めた。




「支払いはいつものようにしてくれって、留衣子さんに伝えておいてくれ」


「あ…、はい」




俺が返事をするのと同時に、羽海野はあどけない顔で眠っているまひるへと、再び視線を注いだ。




「まるで…天使みたいな寝顔だなぁ…」




羽海野の風貌からは似つかわしくない言葉が飛び出し、そのギャップからか、俺の耳にとても印象的な言葉として残った。


まひるのマンションで壊れた彼女を目にした時とは明らかに違う、いつものまひるがベッドの上にいた。




「じゃぁ、俺は帰るとするが、ごく稀に副作用が現れることがある。何かあった時には、ここに連絡してくれ」




羽海野はそう言うと、白衣のポケットから少し茶褐色がかった紙を取り出すと、俺に差し出した。


差し出された紙には、羽海野の名前と携帯電話の番号が走り書きされていた。


しかし、その紙はどれくらいの間、このポケットの中に放置されていたものなのだろう…


タバコのヤニで黄ばんでしまった紙は、心許ないほど傷んでいて、俺ですら一瞬、受け取るのに躊躇してしまうほどだった。




「まぁ、何かあったら留衣子さんに伝えてくれたらいいか。今までも、そうしてきたんだから…」




俺の一瞬の反応に気付いた羽海野は、苦笑しながら差し出した紙を手のひらに収める。


前にもそんなことがあったかのように、傷んだ紙は同じ形のままで羽海野の手の中に吸い込まれていった。




「…留衣子に連絡すればいいと分かってるのに…どうして俺にそれを渡そうと思ったんですか?」




特に気にしなければ何事もなく流れていく場面だったのだろうが羽海野の手に収まっていく黄ばんだ紙が気になってしまい、俺は思わず羽海野にそう問いかけていた。




「アンタなら、少しは信用出来る人間かと思ってな…」




羽海野はそう言うと、握った手をポケットの中に突っ込んだ。


マンションを訪れたばかりの羽海野の目は、俺を蔑んだように見ていたが、今はそう見てないことを確信して、俺は羽海野からその紙を受け取ったのだった。




羽海野が部屋を後にして、まひるの眠っているベッドルームへと戻った俺は、羽海野が言っていた天使のようなまひるの寝顔を見ながら、昂っていた気持ちがだんだんと落ち着いていくのを感じていた。


気が抜けたのか、俺は睡魔に負け、天使のようなまひるの寝顔の横で眠りに就いた。


そして、俺は見てしまった…


眠りから醒めた時、堕ちた天使が俺の目の前に舞い降りて来たのを…






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




#88:堕天使(その7)

#88






「この娘か?留衣子さんの言ってたのは…」




ベッドルームに足を踏み入れた羽海野は、乱れた服で空を弄ぶまひるの姿を目にして問い掛けてきた。


まひるは羽海野の気配を感じたのか、突然、体をビクンと震わせると、ゆっくりと視線をこちらに向ける。




「アンタがまひるさん?…庄野まひるさんだね?」




さっきとは打って変わって、羽海野はしわがれた声のトーンをあげ、笑顔を見せながらまひるに近づいた。




「…や…いや!来ないで…来ちゃいや――っ!」




子供のような表情で、にこやかに空を弄んでいたまひるの顔が、羽海野の姿が近付いて来た途端、酷く怯えた表情に変わり、叫び声をあげさせた。




「まひる…」




俺がまひるのマンションで大きな声をあげてしまった時のパニック状態が、再びまひるに襲いかかろうとしていることに気付いて、俺は羽海野よりも先に、まひるの体に触れた。




「まひる…大丈夫だから。何も怖くない…大丈夫だよ」




小さな子供をあやすように、俺はまひるの体を自分に引き寄せると、体全部を手で摩った。


すると、興奮していた筈のまひるが徐々に声のボリュームをさげ、俺の腕の中で「怖い、怖いの…」と体を小刻みに震わし、呟くだけになった。




「ほぉー…あんたには従順なんだな。彼女は…」




羽海野は、髭のかかった口角を上げニヤリと俺に笑いかけると、おとなしくなったまひるの腕を突然、掴んで注射器を射したのだった。




「おい!あんた、何してる!」




針が射された途端、まひるは俺の腕の中でぐったりとしてしまった。


震えていた体の動きがピタリと止まり、呟いていた唇も動かなくなった。




「解毒剤みたいなもんだ。この手の薬の大量摂取には、この注射が覿面でな。…しかし、さっきの彼女の怯えた目は…相当、病んでるようだったな」




「…病んでる?」




俺は羽海野の言葉に思わず反応し、引っ掛かる言葉だけを復唱した。


羽海野は俺の問いに、ハッキリとした言葉では返さず、「ここだよ」と言って、俺の左胸に自分の手を充てたのだった。


俺はピクリとも動かなくなったまひるの姿を見つめた…


俺の知らない間にまひるに何が起こったのか…


まひるの状態が元に戻らなければ、その真実さえ分からない。




「まひるは…治るのか?…先生」




「…それは…俺にも分からんよ。心の病は…いつ治るなんて期限はつけられんからな」




羽海野の言葉を聞きながら、俺は眠っているまひるの頬に触れた。


涙で濡れた頬を拭いながら、俺の心の中に今までに感じたことのない愛しさがこみ上げてきたのだった。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




#87:堕天使(その6)

#87







「どうして、こんなことに…」




暫く黙っていた留衣子が、重たい口を開けて呟くように言った。


ベッドの上では、何もない空を、まるで何かがいるかのように戯れているまひるの姿があった。




「…コレだよ。この薬の大量摂取で、こんな風になったんじゃないかって」




「コレって…」




「そう…留衣子が俺にくれた物と同じだよね?」




俺の言葉に留衣子の体がピタリと動きを止めた。


俺の問い掛けた言葉に留衣子の肩が震えだし、笑い声が響き渡った。




「サトシ、あなたったら…何言い出すのかと思えば。こんな薬、今、どこででも手に入るわよ。飲み方さえ間違わなければ、危険な薬じゃないんだし…」




留衣子はひとしきり笑った後、俺の目を逸らすことなくそう言うと、壊れてしまったまひるに視線を移した。




「誰かに飲まされたか…飲み方を知らなかったか…まぁ、どちらにしても私の知り合いの医者を寄越すとするわ。庄野さんをこのままにしておく訳にはいかないものねぇ」




留衣子に上手く言いくるめられた感は拭えなかったが、あの薬の入手先が留衣子だという確信もない俺は、留衣子に従わざるを得なかった。




そして、留衣子が連絡を入れた2時間後に、羽海野と名乗る年配の医者がマンションを訪れた。


白衣を着ていなければ、医者などとは思えないほど、白髪交じりの髭を蓄えていて、お世辞にも小奇麗とは言えなかった。




「桜木留衣子さんから頼まれて来たんだが…」




インターホン越しの羽海野の声は、タバコの吸い過ぎなのか、喉が潰れているようで聞き取りづらい声をしていた。


オートロックを解除し、マンションの部屋のドアを開けると、羽海野は黙ったまま靴を脱ぎ捨て、ズカズカと部屋の中に上がり込んだ。




「今日は留衣子さんはおらんのか?」




「あ、1時間ほど前に会社に戻りました」




「相変わらず忙しいようだな。こういう呼び出しも、久しくなかったが…また、新しい玩具でも見つけたのかな」




そう言うと、俺の全身を舐めるように見てから、慣れた風にリビングへと向かっていった。


羽海野の目は、俺を憐れんでいるように見えて、内心いい気はしなかったが、今はとにかくまひるの状態を診てもらうことだけを考え、腹立たしさは腹の底に眠らせたのだった。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




#86:堕天使(その5)

#86






まひるは、俺が突然、体を揺すり大きな声を上げたことで、ビクンと体を震わせた。


自慰行為を止めさせられたことでパニック状態になり、「いやー!」と金切り声で泣き喚いた。




「まひる!大丈夫、大丈夫だから…俺がいるから」




そう言ってまひるを落ち着かせようとしたが、まひるは俺の言葉など耳に入れようとはせず、更にパニックに陥ったかのように喚き散らした。


催淫剤の大量服用による副作用か…?


いったい、誰がこんなにたくさんの薬をまひるに飲ませたのか…?


自らこの薬に手を染めてしまったのか…?


パニックを起こすまひるを目にしながら、俺の頭の中には疑問ばかりが浮かんでくる。




「やだよぉ〜!怖い…助けてぇ…」




まるで、子供に戻ったかのように泣き喚くまひるの頬は、溢れる涙でぐっしょりと濡れている。


とにかくこの状況をどうにかしないと、まひるが壊れてしまいそうで、俺はズボンのポケットから携帯電話を取り出し、急いで留衣子に電話を掛けた。


コール5回目で電話が繋がると、着信が俺だと分かっているにも関わらず、留衣子は仕事用の声で答える。


電話の向こうからザワザワとたくさんの人の気配が感じられる。


外せない仕事がある時の留衣子は、決まってそうだった。




「…まひるの様子がおかしい。催淫剤を大量に服用してるみたいだ。どうしてこうなったのか、俺にも分からない…とにかく、マンションに連れて行こうと思ってる。いいか?留衣子」




留衣子に伝えなければならないことだけを要約すると、俺は電話に向かって捲し立てた。


留衣子からは「分かりました。そうして下さい」と無機質な返答があり、俺はその言葉を確認すると早々に電話を切ったのだった。


それからの俺は、自分でもどう動いてまひるを部屋から連れ出したのか分からない。


抗うまひるに服を着せ、喚き散らかす口を塞いで、額に汗を滲ませながら車に乗せたことを、ようやく着いた俺のマンションでぼんやりと思い出していた。




「サトシ!いるんでしょ?」




全身の力が抜けて項垂れた俺の耳に、慌てた留衣子の声が玄関から聞こえてくる。


部屋の扉が開いて、留衣子が姿を現す…


俺が目にしなくても、留衣子の体がピタリと止まったのが空気で感じられた。




「サトシ…いったい…これって」




「…まひるだよ。庄野まひる」




ベッドの上で虚ろな目をし、口元を緩ませながら、クスクスと宙を見て笑う。


変わり果てたまひるの姿を目にした留衣子は、暫くの間、呆然とその場に立ち尽くしていた。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




#85:堕天使(その4)

#85






俺の萎えたモノをいつまでも口に咥えながら、まひるは俺が再び昂っていくのを心待ちにしているようだった。


しかし、狂ったように俺のモノにむしゃぶりつくまひるの姿は、俺の目に異様に映る。


こんなに性に貪欲なまひるを、俺は初めて怖いと思った…




「う…ん、おいし…ねぇ…美味しいよぉ…」




まひるの唇からピチャピチャと卑猥な音が漏れて、項垂れていた俺の気持ちとは裏腹に、少しずつ俺のモノが硬くなっていくのが分かった。


舌を這わせるまひるも、それに気付いたようで、舌にキラキラと光る唾液を乗せ、ねっとりと絡みついてくる。




「お…い、やめろ…って」




まひるの激しくなっていく口の動きに、俺は頼りない声で反抗したが、その声は何の意味もなさなかった。


俺のモノは再び、まひるの口に揺さぶられて快楽の世界に持って行かれそうになった。




「うっ…イ…ク…」




そう言って体を仰け反らせた時、ベッドの上で俺の指先に触れる物があることに気付いた。


俺は無意識のうちに指先で、それが何なのか確かめようとする。


まひるの手が俺のモノの根元に添えられ、程良い握力でしごかれた瞬間、頭の中が真っ白になり、まひるの口の中で再び精を放った。


その瞬間、俺の手のひらには、小さな丸い粒がギュッと握り締められていたのだった。


立て続けに精を放った俺の体は、ハァハァと荒い息を吐きながら肩を上下に揺らす。


そして、俺は息を整えながら、握り締められた手のひらをゆっくりと開いて、その丸い粒の正体を自分の目に映し出した。




「…まさか…」




俺は手のひらでコロンと揺れる丸い粒を目にした途端、俺の心臓がドクンと大きな音をたてた。


萎えてしまった俺のモノを、まだ咥え込むまひるを押し退け、目に付いたゴミ箱へと足早に向かう。


鼓動が物凄い速さで、俺の体を駆け巡っていった。


ゴミ箱に手を差し伸べて拾い上げた物は、俺がいつか沙織という女に渡したことのある催淫剤が入っていたであろうプラスティックの包装だった。


ゴミ箱の中には、幾つもの空いたプラスティックの包装が捨てられていて、すぐ近くに置かれたテーブルの上には、未開封の錠剤が無造作に置かれていた。




「まひる!」




俺はベッドの上で横たわり、自慰行為を始めようとするまひるに声を掛けた。




「おい!しっかりしろ!…いったい、どれだけの薬を飲んだんだよ!」




俺は慌ててベッドに戻ると、横たわるまひるを無理やり起こし、思いっ切り体を揺すった。


突然の行為と大きな声に驚いたまひるは、大きく目を見開くと、耳をつんざくような声で泣き叫んだのだった。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





#84:堕天使(その3)

#84






まひるは器用に俺のベルトを外すと、ズボンの上からでも分かるくらい大きくなったモノを生地の上から摩り始めた。


まひるの微妙な手の動きで、昂ったモノが生地との摩擦で熱をもっていく…


その心地よさが俺の思考を鈍らせ、まひるに感じた違和感を消し去ろうとしていた。




「まひる…ちょっと、待って…」




俺は自分の思考を取り戻そうと、まひるの行動に手を伸ばして制止する。


しかし、まひるはそれを上手くかわすと、反対に指を絡めてきて、昂ったモノに俺の手を充てがわせた。


まひるは俺の手の甲に自分の手のひらを乗せ、再び布地の上から摩り始める…


さっきまでの飢えた獣が陰を潜めて、俺の駆り立てられた欲情が焦らされる格好になってしまった。




「まひる…もう…」




「もう……なぁーに?」




ズボンの中で脈打つモノは、もうその狭い場所には留まっていられないほど、大きくなっていた。


俺の欲情を確かめたまひるは、クスクスと笑い声をあげながら、俺の目を覗き込んでくる。


無邪気な笑みの天使の顔の下に、俺が抱いた今までのまひるとは違う、特異な妖艶さが入り混じっていて、俺を戸惑わせた。


しかし、その妖艶さはほんの一瞬のことのように、まひるから奪い去られた。


何がまひるの頭の中で起こったのか…


俺の履いていたズボンを下げて、そそり勃つモノを露にした瞬間、まひるの表情が一変したのを俺は見逃さなかった。




「まひる!」




頬を緩ませ、半開きの唇の端から涎を滴らせながらも、目だけは飢えた獣のように生きているまひるの表情は、もう俺の知っているまひるではなかった。


まひるという名前だけが虚しく部屋に響いて、俺を愕然とさせる。


だが、そんな俺の気持ちとは裏腹に、はちきれんばかりに膨らんだ俺のモノは、むしゃぶりつくまひるの口の中で、萎えることはなかった。


髪を振り乱し、舌を絡めながら上下に揺れるまひるの欲望を、俺は制止できないまま、まひるの口の中に大量の精を吐さ出す。


体の昂ぶりに気持ちが追いつかないまま、欲情を吐き出すことなど、今までにだって経験はある筈なのに…


まひるに対してそうであった自分がいたことに、虚しさを感じずにはいられなかった。




「ねぇ…もっと…もっとちょうだい」




精を吐き出したばかりの俺のモノに、白濁の精を唇に残したまま、まひるが呟く。


項垂れた俺の様子などお構いなしに、壊れてしまったまひるは狂ったように「ちょうだい」と繰り返しながら、萎えてしまった俺のモノを口の中で弄び続けた。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





プロフィール

Ryo

Author:Ryo
大人の恋愛小説を書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。